A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

Muc-Off(マックオフ) ドライセラミックルブ 1リットル 2008-2010 プロパーム セライタリア
ログインhidden_link
Our Thoughts Blog 1兆ドルが新興諸国に流れこむ

Muc-Off(マックオフ) ドライセラミックルブ 1リットル 2008-2010 プロパーム セライタリア

アーカイブ

タグ

HSBC, 資産運用, お知らせ, 不動産, ニュース, 中級, 富裕層, 初級, 上級, アドバイザー座談会, AMGニュース, IFA, 損害保険, リスクマネジメント, 香港法律, 資産相続, 金融商品, 株式, 投資, 香港生活, 生命保険, 相続, 法律コラム, スタートアップ, 中国人民元, 投資相談

< 法人税が30%以下になれば、日本で商売をしたい2011年は前世界的に利上げ >

1兆ドルが新興諸国に流れこむ

毎回大好評のMuc-Off(マックオフ) ドライセラミックルブ 1リットル

by Ogura Manabu

2011/26

インフレは通貨戦争と表裏一体の関係にある。現在、中国のインフレ率は表面上は4-5%であるが、カネ持ちにとっての4-5%は何の問題もないが圧倒的多数の低所得者層にとっては大きな不満のタネになる。

米連銀議長のベン・バーナンキをはじめアメリカ政財界は中国の人民元の切上をずっと主張してきた。が「そのうちね」と切り返されるだけであった。

しかし中国は本格的に人民元切り上げを今以上のペースで行わざるを得ないかもしれない。ベン・バーナンキが米ドルをむちゃくちゃ刷ったが、その資金は新興諸国、特に中国に流れこんで新興諸国のインフレを引き起こした。

通貨戦争的にいえば、ベン・バーナンキは中国に勝利したわけである。思い起こしてみれば、ドル増刷とセットで米国国内での雇用を創出し需要を作り出す政策を同時に行なっていない以上、バーナンキのドル札大増刷の意図は中国に人民元切り上げを迫る意図があったのかもしれない。

中国のアキレス腱である、低所得者層への対応… これを一歩間違うと中国共産党政権は長続きしない。そこを突く。

ただこれは諸刃の刃である。中国がインフレ収束をうまくやってしまえば… アメリカ国民はこの増刷弾のために将来の福祉減、将来の増税を甘受しなければならないのだ。これもまた、アメリカで貧困を生む大きな原因になるだろう。

2011年は先進国から新興諸国に1兆ドルが流れこむという
0 コメント
< 法人税が30%以下になれば 、日本で商売をしたい2011年は前世界的に利上げ >

コメントを投稿するにはログインしてください

{yahoojp} {harveslife.com} zt01-myp09-gui-2505